カーシェアリングと自家用車比較

ここでは、カーシェアリングとマイカーとのコストの比較を行ってみたいと思います。 最近は、マイカーを購入する場合に、残価設定クレジットというような方式を利用することができ、月々のローン支払い額を、たとえば車種によっては、5千円以下というような低額におさえることも可能になっています。 毎月5千円ともなれば、実は、カーシェアリングで、月に「やや多めに」乗った場合の料金と、そこまで違いはないかも知れません。 が、マイカーの場合、かかる費用は車両購入代金だけではないことはおわかりの通りかと思います。 保険料や税金で、月々2万円近くかかる場合があり、またガソリン代金も支払う必要があります。 賃貸物件であれば駐車場代だってかかってくることかと思います。 いっぽうのカーシェアリングの場合は、そのような費用は、すべて低価格の利用料金の内にすべて含まれています。 ゆえに、通勤に利用するでもなし、買い物も自転車で行けるし、車はたまの休日に遠くに出かけるときに利用するくらい・・・というケースであれば、カーシェアリングという方法が重宝されることになりまs。 最近の若い人は、マイカーを所持することや、そもそも車自体に対しても、あまり興味を持たなくなったと言われています。 車というものが、その時代の最先端な何かを表していた自体とは、確かにもう違いますし、ステータスシンボルという発想も陳腐になりつつあります。 カーシェアリングというビジネスは、そんな時代によくフィットしているかも知れません。

このエントリーをはてなブックマークに追加