カーシェアリングでもし事故を起こした場合・・・

これは、レンタカーにおいても付きまとう不安ですが、もしカーシェアリングサービスを利用中に、事故を起こしてしまった場合、いったいどうなってしまうのでしょうか。 まず基本的に、事故が生じてしまった場合の、対物・対人補償を担う保険料金については、利用料金の中に含まれています。 その保険の保障額ですが、対人、対物については、1名、1事故に対して、無制限である場合がほとんどかと思います。 車両の損害については、時価額かもしくは無制限となっていますが、実質時価額のほうが適用されることになるでしょう。 だから安心というわけではもちろんありませんけれども、基本的に、全額補償がなされると想定しておいて良いのではないでしょうか。 ただし、あらゆる保険金支払いの場合と同様に、「必要な手続き」をとらなければ、保険金が下りることはありませんから要注意です。 カーシェアリングであってもこれは同じです。 すなわち、事故を起こしてしまった場合には、警察に届出を行い、事故証明を得る必要があります(もちろん、負傷者がいる場合には、その負傷者の救護が最優先です)。 また、カーシェアリングを利用して、知人・友人とドライブに出かけるということもあると思いますが、仮に免許を持っていて運転経験が長かったとしても、その知人・友人に運転を代わってもらうことが原則としてNGです。 そのような状況で事故を起こしてしまった場合、保険金が下りなくなるためです。 また飲酒運転の場合も保険不適用です。 これは言うまでもありませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加