カーシェアリングとレンタカーの違い

カーシェアリングとレンタカーの違いはなんなのでしょうか。 その最も大きな違いは、車を貸し出しできる時間の長さと、料金体系の違いにあると言えるでしょう。 レンタカーの場合は、一般的に一回利用で6時間以上という時間設定か前提となっていますが、カーシェアリングの場合は分単位で貸し出しを行うことができます。 例えば、 15分で200円の料金が発生するというような料金体系が駅をされています。 ゆえに、 15分だけ乗り回して元の場所に返すという利用の仕方ができます。 レンタカーの場合でも、 15分だけ乗り回す事はできますが、その場合には6時間以上を利用することが前提となっている料金が適応されますので、例えば、 15分だけ乗ったとしても5,000円や 6,000円といった料金を支払わなければなりません。 逆に長時間利用の場合には、レンタカーのほうが安い料金設定になっています。 とりわけ、日をまたいで利用をするような場合には、レンタカーのほうが安く済むことになります。 また、現段階ではカーシェアリングで車を貸し出した場合には、その貸し出した車はもとの駐車場に戻す必要があります。 つまり乗り捨てというものができないわけですね。 それゆえに、中長距離のドライブに出かけるような場合には、車をもとの場所に戻しに行く時間や、そのための自分自身の体力的な余裕などもよく踏まえてカーシェアリングを利用する必要がでてくるというわけですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加