名鉄協商

カーシェアリングサービスである「カリテコ」を展開しているのが、名鉄協商株式会社です。 その名のとおり、名鉄、すなわち名古屋鉄道株式会社のグループ会社(子会社)に当たる企業であり、その中核業務は、愛知・岐阜を中心とした、駐車場事業(名鉄協商パーキング)です。 しかしそのほかにも手広く事業が展開されていて、自動販売機やリサイクルシステム、建築資材、食品、事務機器など、多様な商品を商事部門として、取り扱っています。 また、前身が「ニッポンレンタカー中部」という名称であったことも象徴しているように、カーリース事業も展開していてもいます。 ただこちらは、例えばオリックス自動車が法人・個人両方に向けてサービスを展開しているのとは違って、法人のみを対象として、リース事業を行っています。 またこれに加えて、レストランの運営などでも、名鉄協商の名前はよく知られています。 1967年に設立されたニッポンレンカター中部株式会社を前身としており(現在のニッポンレンタカーサービス株式会社とは基本的に関係ありません)、現在の名称に改称されたのは1976年のことです。 そのようなわけで、この名鉄協商は、流通、不動産、駐車場、リースと、幅広い業種を手がける企業であり、そのような多様な事業のなかにおいて、2009年に「カリテコ」ブランドで、カーシェアリング業界に参入をすることとなりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加